• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル術後100日 完全復活の鍵握る8週間の「投球準備」

 右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が25日(日本時間26日)、3月17日に手術を受けてから100日(約14週)が経過したのを機に自身のツイッターを更新した。

「私事ですが今日で手術から100日が経ちました! 今は上半身のトレーニングも出来るようになりましたし日常生活も問題なしです。今の所痛い思いや辛い思いもなく、集中してリハビリやトレーニングをこなせています。1日1日頑張ります!」(原文ママ)と良好な状態を報告した。

 これまで100人以上を執刀した産業医科大学若松病院の内田宗志医師(診療教授)が採用しているトミー・ジョン手術のリハビリメニューに当てはめると、現在のダルは「スローワーズ・テン・プログラム」といわれる肘の屈筋運動などを終えた段階だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る