復調のヤンキース田中 後半戦の課題は「縦のカーブ」と専門家

公開日:  更新日:

 これまでの不甲斐ない投球が嘘のようなマウンドだった。

 ヤンキース・田中将大(26)が9日(日本時間10日)、本拠地ヤンキースタジアムでのアスレチックス戦に登板し、7回3分の2を投げ、2安打2失点、6三振、1四球。今季最多の114球を投げて6月9日のナショナルズ戦以来となる1カ月ぶりの5勝目(3敗)をマークした。

 序盤はつまずいた。二回、先頭の4番レディックがスイングした際、捕手マッキャンのグラブが当たる打撃妨害で出塁を許す。名手の珍しいミスに足を引っ張られると続くバトラーに甘く入った変化球を左翼線に二塁打されるなど、四球も絡み、この回は2点を失う。

 今季は序盤から崩れるケースも珍しくなかったが、三回以降はほぼ完璧に封じ込めた。四回に振り逃げされた以外は、七回まで三者凡退。八回2死でマウンドを譲ったものの、白星を手にして前半戦を締めくくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る