4敗目のヤンキース田中 1人だけ「中5日登板」が呼ぶ波紋

公開日: 更新日:

 ここ2試合で計5本塁打を浴びているヤンキースの田中将大(26)。8勝目をかけて登板した29日(日本時間30日)のレンジャーズ戦は一発こそ打たれなかったが、6回103球を投げて9安打4失点で4敗目を喫した。

 150キロを超えたストレートは五回、7番アンドラスに対する151キロの1球だけ。球威もキレもなければ、コントロールも定まらない。

 先制点をもらった直後の二回、4本の安打を浴びて3失点とあっさり逆転を許してしまう。さらに1点を失った五回も含め、とらえられたのはいずれも高めの甘いボールだった。

 この日の湿度は31%。空気が乾燥し本塁打が出やすいアーリントンのグローブライフパークで、一発を浴びなかったのが不思議なくらいの投球内容だった。

■他の先発にしわ寄せ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る