4敗目のヤンキース田中 1人だけ「中5日登板」が呼ぶ波紋

公開日:  更新日:

 ここ2試合で計5本塁打を浴びているヤンキースの田中将大(26)。8勝目をかけて登板した29日(日本時間30日)のレンジャーズ戦は一発こそ打たれなかったが、6回103球を投げて9安打4失点で4敗目を喫した。

 150キロを超えたストレートは五回、7番アンドラスに対する151キロの1球だけ。球威もキレもなければ、コントロールも定まらない。

 先制点をもらった直後の二回、4本の安打を浴びて3失点とあっさり逆転を許してしまう。さらに1点を失った五回も含め、とらえられたのはいずれも高めの甘いボールだった。

 この日の湿度は31%。空気が乾燥し本塁打が出やすいアーリントンのグローブライフパークで、一発を浴びなかったのが不思議なくらいの投球内容だった。

■他の先発にしわ寄せ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る