4敗目のヤンキース田中 1人だけ「中5日登板」が呼ぶ波紋

公開日:  更新日:

 ここ2試合で計5本塁打を浴びているヤンキースの田中将大(26)。8勝目をかけて登板した29日(日本時間30日)のレンジャーズ戦は一発こそ打たれなかったが、6回103球を投げて9安打4失点で4敗目を喫した。

 150キロを超えたストレートは五回、7番アンドラスに対する151キロの1球だけ。球威もキレもなければ、コントロールも定まらない。

 先制点をもらった直後の二回、4本の安打を浴びて3失点とあっさり逆転を許してしまう。さらに1点を失った五回も含め、とらえられたのはいずれも高めの甘いボールだった。

 この日の湿度は31%。空気が乾燥し本塁打が出やすいアーリントンのグローブライフパークで、一発を浴びなかったのが不思議なくらいの投球内容だった。

■他の先発にしわ寄せ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る