残り4Hから痛恨3ボギー…松山英樹は全米プロでも初日苦戦

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】第1日目

  滑り出しは上々だった。

 初日の松山英樹(23)は風が穏やかな朝6時55分に10番スタート。11番パー5で花道からの3打目を80センチ、14番パー4は残り132ヤードの2打目をピン手前1メートルとショットがピンに絡み、バーディーを決めていった。16番パー5はグリーン手前からのアプローチがもう少しでチップインイーグルかと思われたが、カップに蹴られ、1.5メートルオーバーするも楽々バーディー。前半は18番でも8メートルの長いバーディーパットを放り込んで4アンダーとして、この時点でトップに立った。折り返して5番でも2メートルにつけ、5つ目のバーディーを決めたが、勢いがあったのもここまで。

 風が強くなってきた6番パー4では、2打目がフォロー風に乗りグリーンをオーバー。3打目を寄せきれず、7メートルのパーパットを外して、初ボギー。8番パー4もパーオンできず、5メートルを外してしまう。さらに9番パー4でも2メートルのパーパットが決められず、連続ボギーとしてズルズルと後退。2アンダー15位タイ発進だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る