残り4Hから痛恨3ボギー…松山英樹は全米プロでも初日苦戦

公開日:  更新日:

【全米プロゴルフ選手権】第1日目

  滑り出しは上々だった。

 初日の松山英樹(23)は風が穏やかな朝6時55分に10番スタート。11番パー5で花道からの3打目を80センチ、14番パー4は残り132ヤードの2打目をピン手前1メートルとショットがピンに絡み、バーディーを決めていった。16番パー5はグリーン手前からのアプローチがもう少しでチップインイーグルかと思われたが、カップに蹴られ、1.5メートルオーバーするも楽々バーディー。前半は18番でも8メートルの長いバーディーパットを放り込んで4アンダーとして、この時点でトップに立った。折り返して5番でも2メートルにつけ、5つ目のバーディーを決めたが、勢いがあったのもここまで。

 風が強くなってきた6番パー4では、2打目がフォロー風に乗りグリーンをオーバー。3打目を寄せきれず、7メートルのパーパットを外して、初ボギー。8番パー4もパーオンできず、5メートルを外してしまう。さらに9番パー4でも2メートルのパーパットが決められず、連続ボギーとしてズルズルと後退。2アンダー15位タイ発進だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る