パット、キャディー…松山英樹とスピースの“決定的な違い”

公開日: 更新日:

 マスターズに続いてメジャー連覇を狙うジョーダン・スピース(21)が67で回り、通算5アンダーまで伸ばしてきた。

「試合に集中して、とにかく優勝を狙っていく。コースに対応した戦い方をしていきたい」(スピース)

 スピース同様、今大会の優勝候補に挙げられているのが松山英樹(23)だ。今季、トップ10入り8回はスピース(9回)に次いで2位。米ツアー期待の若手として2人はよく比べられるが、実力はメジャーを含むツアー4勝で世界ランク2位のスピースの方が上。松山は1勝、世界ランク14位と後れをとっている。

 初日イーブンパーの松山はフェアウエーキープ率93%。スピースは同64%だったが、2アンダーと2打も差がついた。

 原因はパットだ。初日はスピースの31パットに対し、松山は33パット。パット数がそのままスコアの差になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る