パット、キャディー…松山英樹とスピースの“決定的な違い”

公開日:  更新日:

 マスターズに続いてメジャー連覇を狙うジョーダン・スピース(21)が67で回り、通算5アンダーまで伸ばしてきた。

「試合に集中して、とにかく優勝を狙っていく。コースに対応した戦い方をしていきたい」(スピース)

 スピース同様、今大会の優勝候補に挙げられているのが松山英樹(23)だ。今季、トップ10入り8回はスピース(9回)に次いで2位。米ツアー期待の若手として2人はよく比べられるが、実力はメジャーを含むツアー4勝で世界ランク2位のスピースの方が上。松山は1勝、世界ランク14位と後れをとっている。

 初日イーブンパーの松山はフェアウエーキープ率93%。スピースは同64%だったが、2アンダーと2打も差がついた。

 原因はパットだ。初日はスピースの31パットに対し、松山は33パット。パット数がそのままスコアの差になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る