パット、キャディー…松山英樹とスピースの“決定的な違い”

公開日:  更新日:

 マスターズに続いてメジャー連覇を狙うジョーダン・スピース(21)が67で回り、通算5アンダーまで伸ばしてきた。

「試合に集中して、とにかく優勝を狙っていく。コースに対応した戦い方をしていきたい」(スピース)

 スピース同様、今大会の優勝候補に挙げられているのが松山英樹(23)だ。今季、トップ10入り8回はスピース(9回)に次いで2位。米ツアー期待の若手として2人はよく比べられるが、実力はメジャーを含むツアー4勝で世界ランク2位のスピースの方が上。松山は1勝、世界ランク14位と後れをとっている。

 初日イーブンパーの松山はフェアウエーキープ率93%。スピースは同64%だったが、2アンダーと2打も差がついた。

 原因はパットだ。初日はスピースの31パットに対し、松山は33パット。パット数がそのままスコアの差になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る