日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パット、キャディー…松山英樹とスピースの“決定的な違い”

 マスターズに続いてメジャー連覇を狙うジョーダン・スピース(21)が67で回り、通算5アンダーまで伸ばしてきた。

「試合に集中して、とにかく優勝を狙っていく。コースに対応した戦い方をしていきたい」(スピース)

 スピース同様、今大会の優勝候補に挙げられているのが松山英樹(23)だ。今季、トップ10入り8回はスピース(9回)に次いで2位。米ツアー期待の若手として2人はよく比べられるが、実力はメジャーを含むツアー4勝で世界ランク2位のスピースの方が上。松山は1勝、世界ランク14位と後れをとっている。

 初日イーブンパーの松山はフェアウエーキープ率93%。スピースは同64%だったが、2アンダーと2打も差がついた。

 原因はパットだ。初日はスピースの31パットに対し、松山は33パット。パット数がそのままスコアの差になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事