• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全英は松山以外日本人7人予選落ち…「深刻事態」と羽川プロ嘆く

投稿日:  更新日:

 今年の全英オープンは大雨や強風などスコットランドらしい大荒れの天候になり、長時間にわたりたびたび試合が中断。27年ぶりに月曜日まで順延になりました。

 大会前から雨が多く、この時季のリンクスには珍しく芝が青々としてグリーンやフェアウエーがソフト。スタート時間に恵まれて風が穏やかになればボールコントロールは難しくなく、ピンをデッドに攻めていけた。

 大会は通算15アンダーでプレーオフになり、勝ったZ・ジョンソンとM・リーシュマンが最終日に66をマークするなど好スコアが出ました。

 3年連続3度目出場の松山英樹は通算8アンダー18位に終わりましたが、4日間ともオーバーパーを叩くことなく、日本人初のメジャー制覇に向けて収穫もあったな、と感じました。

 予選2日間は世界ランク2位でメジャー連勝中のJ・スピースと同4位D・ジョンソンとのペアリングになり、2人の速いペースにリズムが合うのかと心配しましたが、杞憂に終わりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る