全英は松山以外日本人7人予選落ち…「深刻事態」と羽川プロ嘆く

公開日:  更新日:

 今年の全英オープンは大雨や強風などスコットランドらしい大荒れの天候になり、長時間にわたりたびたび試合が中断。27年ぶりに月曜日まで順延になりました。

 大会前から雨が多く、この時季のリンクスには珍しく芝が青々としてグリーンやフェアウエーがソフト。スタート時間に恵まれて風が穏やかになればボールコントロールは難しくなく、ピンをデッドに攻めていけた。

 大会は通算15アンダーでプレーオフになり、勝ったZ・ジョンソンとM・リーシュマンが最終日に66をマークするなど好スコアが出ました。

 3年連続3度目出場の松山英樹は通算8アンダー18位に終わりましたが、4日間ともオーバーパーを叩くことなく、日本人初のメジャー制覇に向けて収穫もあったな、と感じました。

 予選2日間は世界ランク2位でメジャー連勝中のJ・スピースと同4位D・ジョンソンとのペアリングになり、2人の速いペースにリズムが合うのかと心配しましたが、杞憂に終わりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る