4安打の翌日スタメン落ち イチローは信頼されていないのか

公開日: 更新日:

 それにしてもメジャーの首脳陣ってのは、なんだってこう、ウソつきというか、おべんちゃらばかり言うんだろうと、改めて思わせたのが米大リーグ、マーリンズ・ジェニングズ監督のコメントだ。

 イチローが18日のブルワーズ戦で2シーズンぶりの4安打。シーズン10個目の盗塁まで決めて勝利に貢献。「衰えというものがまったく見られないね」と舌を巻いたジェニングズ監督が、それから24時間もたたない翌日のデーゲームでイチローをスタメンから外したのだ。

 マーリンズは現在、外野をイチロー、ギレスピー、オズナ、ディートリッチの4人で回している。ナイター翌日のデーゲーム、20連戦の6試合目ということもあって、イチローは休養という意味合いらしい。「衰え知らず」と言いながら、乗りに乗っているベテランをベンチに置き、若手を使った。イチローは途中出場で1打数無安打、試合にも敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る