4安打の翌日スタメン落ち イチローは信頼されていないのか

公開日:  更新日:

 それにしてもメジャーの首脳陣ってのは、なんだってこう、ウソつきというか、おべんちゃらばかり言うんだろうと、改めて思わせたのが米大リーグ、マーリンズ・ジェニングズ監督のコメントだ。

 イチローが18日のブルワーズ戦で2シーズンぶりの4安打。シーズン10個目の盗塁まで決めて勝利に貢献。「衰えというものがまったく見られないね」と舌を巻いたジェニングズ監督が、それから24時間もたたない翌日のデーゲームでイチローをスタメンから外したのだ。

 マーリンズは現在、外野をイチロー、ギレスピー、オズナ、ディートリッチの4人で回している。ナイター翌日のデーゲーム、20連戦の6試合目ということもあって、イチローは休養という意味合いらしい。「衰え知らず」と言いながら、乗りに乗っているベテランをベンチに置き、若手を使った。イチローは途中出場で1打数無安打、試合にも敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る