4冠射程ヤクルト山田の抑え方 権藤博氏が“奥の手”語る

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 山田哲人(23)の勢いが止まらない。

 いや、勢いなどと書いたら失礼だ。100試合以上を消化して本塁打数でトップに立ち、打率と打点は僅差の2位。3冠王を射程圏内とし、そのうえ盗塁王もひた走る。4冠なら史上初。3割、30本、30盗塁のトリプルスリーはほぼ確実なものにするのだから、実力以外の何物でもない。

 普通、これだけ打つと投手の攻め方は厳しくなる。ライバル球団の中には、「当てたらゴメンナサイや。徹底的に内角にいけ!」と指示する監督や投手コーチもいよう。ただ、山田は内角球を実にうまくさばく。インコースは凡打と長打が紙一重。ちょっとでも甘くなればスタンドに持っていかれるという恐怖心が投手の腕を縮こまらせ、コースが甘くなる。それを痛打されると、内角攻めも徹底できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る