4冠射程ヤクルト山田の抑え方 権藤博氏が“奥の手”語る

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 山田哲人(23)の勢いが止まらない。

 いや、勢いなどと書いたら失礼だ。100試合以上を消化して本塁打数でトップに立ち、打率と打点は僅差の2位。3冠王を射程圏内とし、そのうえ盗塁王もひた走る。4冠なら史上初。3割、30本、30盗塁のトリプルスリーはほぼ確実なものにするのだから、実力以外の何物でもない。

 普通、これだけ打つと投手の攻め方は厳しくなる。ライバル球団の中には、「当てたらゴメンナサイや。徹底的に内角にいけ!」と指示する監督や投手コーチもいよう。ただ、山田は内角球を実にうまくさばく。インコースは凡打と長打が紙一重。ちょっとでも甘くなればスタンドに持っていかれるという恐怖心が投手の腕を縮こまらせ、コースが甘くなる。それを痛打されると、内角攻めも徹底できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る