4冠射程ヤクルト山田の抑え方 権藤博氏が“奥の手”語る

公開日: 更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 山田哲人(23)の勢いが止まらない。

 いや、勢いなどと書いたら失礼だ。100試合以上を消化して本塁打数でトップに立ち、打率と打点は僅差の2位。3冠王を射程圏内とし、そのうえ盗塁王もひた走る。4冠なら史上初。3割、30本、30盗塁のトリプルスリーはほぼ確実なものにするのだから、実力以外の何物でもない。

 普通、これだけ打つと投手の攻め方は厳しくなる。ライバル球団の中には、「当てたらゴメンナサイや。徹底的に内角にいけ!」と指示する監督や投手コーチもいよう。ただ、山田は内角球を実にうまくさばく。インコースは凡打と長打が紙一重。ちょっとでも甘くなればスタンドに持っていかれるという恐怖心が投手の腕を縮こまらせ、コースが甘くなる。それを痛打されると、内角攻めも徹底できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

  9. 9

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  10. 10

    岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

もっと見る