森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

モリタカ的14年プロ野球最大の事件 ヤクルト山田哲人に“グラゼニ”を見た!

公開日:  更新日:

 14年プロ野球界の最大の私的エポックは、ヤクルトの若きスター候補の山田哲人(22)の大ブレークである。

 高卒4年目の山田は右打者として歴代最多の193安打を放ち、最多安打のタイトルを獲得。打率.324、29本塁打、89打点で文句なしの1年だった。年俸は2200万円からの8000万円と実に264%のアップ。最下位だったヤクルトとしては破格の昇給で、まさに実力でゼニを勝ち取った。

 同僚の雄平もプロ12年目で野手としてブレークし、年俸大幅増は確実。ヤクルトファンの僕としては、この2人が“グラゼニ”を体現してくれたのは本当に喜ばしい。

 山田は、10年ドラフトの外れ外れ1位。斎藤佑樹(日本ハム)、塩見貴洋(楽天)をクジで外しての指名だった。山田が大活躍した一方、斎藤は日本ハム在籍4年間でわずか13勝止まり。右肩痛に苦しむなど、将来が若干怪しい感じもする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る