4冠狙うヤクルト山田はなぜ「外れの外れの1位」だったのか

公開日: 更新日:

 高校時代の清原や松井秀のように、ケタ外れのパワーヒッターであれば守備に目をつぶるのもわかる。しかし、プロ野球のスカウトが高校生内野手をドラフト1位指名する場合、重要な判断材料は「肩」と「足」だという。打撃は少々お粗末でもプロ入り後の筋力トレと練習で打てるようになる可能性はあっても、足と肩だけはどうにもならないケースが圧倒的に多いからだそうだ。

 そこへいくと目下、3冠王も視野に入れているヤクルト山田哲人内野手(23)が履正社高(大阪)時代、ネックになったのは「肩」だった。当時を振り返って、他球団のベテランスカウトがこう言った。

「山田は高校時代からスイング時のヘッドスピードが抜群で、足も速かった。打って走れるショートでしたけど、いかんせん守備がヒドかった。特にスローイングです。投げるときにヒジが前に出てこないから、送球が上にすっぽ抜けたり、引っ掛かってワンバウンドしたりと安定しない。遊撃手としては肩が弱かったですしね。三遊間の深い位置から一塁に矢のような球を投げられませんでしたから。それでウチは指名リストには入れたんだけど、2位か3位で残っていればという評価だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る