• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4冠狙うヤクルト山田はなぜ「外れの外れの1位」だったのか

 高校時代の清原や松井秀のように、ケタ外れのパワーヒッターであれば守備に目をつぶるのもわかる。しかし、プロ野球のスカウトが高校生内野手をドラフト1位指名する場合、重要な判断材料は「肩」と「足」だという。打撃は少々お粗末でもプロ入り後の筋力トレと練習で打てるようになる可能性はあっても、足と肩だけはどうにもならないケースが圧倒的に多いからだそうだ。

 そこへいくと目下、3冠王も視野に入れているヤクルトの山田哲人内野手(23)が履正社高(大阪)時代、ネックになったのは「肩」だった。当時を振り返って、他球団のベテランスカウトがこう言った。

「山田は高校時代からスイング時のヘッドスピードが抜群で、足も速かった。打って走れるショートでしたけど、いかんせん守備がヒドかった。特にスローイングです。投げるときにヒジが前に出てこないから、送球が上にすっぽ抜けたり、引っ掛かってワンバウンドしたりと安定しない。遊撃手としては肩が弱かったですしね。三遊間の深い位置から一塁に矢のような球を投げられませんでしたから。それでウチは指名リストには入れたんだけど、2位か3位で残っていればという評価だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る