“4冠王”視野のヤクルト山田に早くもメジャーが熱視線

公開日:  更新日:

「すぐにでも欲しいね」

 ネット裏のメジャースカウトがよだれを垂らさんばかりにこう言った。視線の先にいたのは、ヤクルトの山田哲人(23)だ。

 26日の中日戦の初回に3戦連続となる先制3ランを放つなど2安打3打点。「(ホームランは)ちょっと詰まったけど、こすらず押し込めました」と話した山田は、後半戦6試合で打率.592、4本塁打、12打点と大爆発でライバル球団のスコアラーに「手がつけられない。抑えられるところがない」と白旗を揚げさせている。

 通算でも打率.328(3位)、23本塁打(1位)、60打点(3位)とグングン成績を上げ、三冠王を射程圏に入れている。その上、17盗塁はリーグ2位。三冠王はもちろん、過去に一度も達成者のいない本塁打王と盗塁王のダブル受賞を含む4冠王も視野に入れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る