• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“4冠王”視野のヤクルト山田に早くもメジャーが熱視線

投稿日:  更新日:

「すぐにでも欲しいね」

 ネット裏のメジャースカウトがよだれを垂らさんばかりにこう言った。視線の先にいたのは、ヤクルトの山田哲人(23)だ。

 26日の中日戦の初回に3戦連続となる先制3ランを放つなど2安打3打点。「(ホームランは)ちょっと詰まったけど、こすらず押し込めました」と話した山田は、後半戦6試合で打率.592、4本塁打、12打点と大爆発でライバル球団のスコアラーに「手がつけられない。抑えられるところがない」と白旗を揚げさせている。

 通算でも打率.328(3位)、23本塁打(1位)、60打点(3位)とグングン成績を上げ、三冠王を射程圏に入れている。その上、17盗塁はリーグ2位。三冠王はもちろん、過去に一度も達成者のいない本塁打王と盗塁王のダブル受賞を含む4冠王も視野に入れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る