プロも顔負け 夏優勝の東海大相模を支える「全国スカウト網」

公開日: 更新日:

「あれだけの戦力を抱えながら、なぜ、コンスタントに甲子園に出て、優勝できないのかが分からない」

 こう言ってクビをひねるのは在京球団のコーチ。20日、夏の甲子園大会を制した東海大相模(神奈川)に関してだ。

 01年以降の15年間、春夏合わせて計30回の出場機会がありながら、甲子園出場は6回。うち優勝は春夏1回ずつ。夏に限れば実に45年ぶりの全国制覇になる。

 このコーチはつい最近まで、親戚が東海大相模の野球部に在籍していたため、時間があるときに練習を見に行った。神奈川県内のライバル校にも足を運んだが、「横浜や桐光学園などと比べても、戦力はズバ抜けています。他の学校ならエースや4番になれる選手がゴロゴロしていますから。あれで勝てないのは門馬監督の選手起用や采配に問題があるからでしょう」というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る