• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロも顔負け 夏優勝の東海大相模を支える「全国スカウト網」

「あれだけの戦力を抱えながら、なぜ、コンスタントに甲子園に出て、優勝できないのかが分からない」

 こう言ってクビをひねるのは在京球団のコーチ。20日、夏の甲子園大会を制した東海大相模(神奈川)に関してだ。

 01年以降の15年間、春夏合わせて計30回の出場機会がありながら、甲子園出場は6回。うち優勝は春夏1回ずつ。夏に限れば実に45年ぶりの全国制覇になる。

 このコーチはつい最近まで、親戚が東海大相模の野球部に在籍していたため、時間があるときに練習を見に行った。神奈川県内のライバル校にも足を運んだが、「横浜や桐光学園などと比べても、戦力はズバ抜けています。他の学校ならエースや4番になれる選手がゴロゴロしていますから。あれで勝てないのは門馬監督の選手起用や采配に問題があるからでしょう」というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る