プロも顔負け 夏優勝の東海大相模を支える「全国スカウト網」

公開日:  更新日:

「あれだけの戦力を抱えながら、なぜ、コンスタントに甲子園に出て、優勝できないのかが分からない」

 こう言ってクビをひねるのは在京球団のコーチ。20日、夏の甲子園大会を制した東海大相模(神奈川)に関してだ。

 01年以降の15年間、春夏合わせて計30回の出場機会がありながら、甲子園出場は6回。うち優勝は春夏1回ずつ。夏に限れば実に45年ぶりの全国制覇になる。

 このコーチはつい最近まで、親戚が東海大相模の野球部に在籍していたため、時間があるときに練習を見に行った。神奈川県内のライバル校にも足を運んだが、「横浜や桐光学園などと比べても、戦力はズバ抜けています。他の学校ならエースや4番になれる選手がゴロゴロしていますから。あれで勝てないのは門馬監督の選手起用や采配に問題があるからでしょう」というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る