巨人に吉田・小笠原「W獲り構想」も…東海大相模に“鉄の掟”

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位候補が聖地でも実力を発揮した。東海大相模(神奈川)の小笠原慎之介(3年)が12日、初戦(2回戦)の聖光学院(福島)戦の九回1死から登板。初球から148キロの直球で場内をどよめかせると、4球目を二ゴロ。続く打者の4球目に最速を1キロ更新する151キロをマークし、ネット裏に陣取ったプロのスカウト陣をうならせた。

 先発はこちらも巨人が上位候補にリストアップしている吉田凌(3年)。8回3分の1を4安打1失点で、45年ぶりの全国制覇へ快勝発進である。

 東海大相模OBの巨人・原辰徳監督(57)も喜んだ。自宅でテレビ観戦。小笠原と吉田について「両エースだし、チームの看板だからね」と後輩たちの活躍にニコニコだった。現地では堤辰佳GM(49)が視察。甲子園前まで県岐阜商の最速152キロ、高橋純平(3年)の評価が上回っていたが、地方大会を経て小笠原が1位候補の最有力に急浮上したようだ。ただ、巨人には別の思惑もあったという。チーム関係者は「小笠原、吉田の151キロダブル取りです」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る