• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コンバート構想浮上の巨人岡本が2人の「枢軸」に引導渡す日

 悩ましい限りだ。28日の阪神戦に「7番・三塁」でスタメン出場した巨人のドラフト1位ルーキー・岡本和真(19)のことだ。

 1点を失った初回1死一塁。平凡な三ゴロを処理した岡本の送球がそれ、二塁の片岡がはじく間に一、三塁。記録は片岡の失策となったものの、ベンチの原監督を苦笑いさせる新人のまずい守備から痛恨の2点目を失った。阪神先発の藤浪に完封を許し、ヤクルトのマジックはついに「1」となった。

 天王山だった26日のヤクルト戦で値千金の同点打を放ってお立ち台に上がった岡本は、自慢の打撃の方は非凡なものを見せて原監督に「期待感がある。使いたくなる選手」と言わしめる一方、あるコーチに「自信を持っている打撃と守備のレベルが違い過ぎる」と指摘される三塁の守備力が課題となっている。

「チームが貧打にあえぐ中、岡本の打撃は一筋の光明ではある。しかし、内野手だけに守備はもっと大事。三塁で鍛えてみて、一軍でレギュラーを張るレベルに達しない場合は、早い段階で外野に挑戦させようという方針もある。オフになったら早速、外野の練習を始めるかもしれない。ただ、肩は強いが足が遅い。もし外野もダメとなったら、今度は高校時代に慣れ親しんだ一塁へ回さざるを得なくなってくる」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事