去就注目の原監督に仰天人事プラン 続投なら宮本慎也氏招聘

公開日:  更新日:

 リーグ4連覇が潰えかける巨人は29日、朝から原監督(57)の周辺が騒がしかった。新幹線で甲子園から帰京する際に報道陣に対応した指揮官がその後に“雲隠れ”。通常、降車するはずの駅に姿を見せず、「すわっ、球団首脳と極秘会談か」と報道陣の多くが東京・大手町の読売本社に駆け付けたものの、結局、所在がつかめなかったのだ。

 原監督は今季が2年契約の2年目。その去就については、白石オーナーが「後半戦の戦いをしっかり見た上で判断する」としているにもかかわらず、スポーツ紙には〈V逸なら解任も〉などと進退報道が出始めた。現時点で球団が続投要請を行っていないのは事実で、その動向を探ろうと目の色を変えるスポーツマスコミはCSを前にすっかり、「ストーブリーグ突入」の様相である。

「原監督は今季が監督通算12年目。優勝した昨年も最初から最後まで得点力不足に苦しみ、2年連続で貧打という課題を解消できなかったのは事実です。原監督の長期政権による弊害を指摘する声が球団内にあるのも確か。ただ、巨人の監督は最終的に球団の最高顧問でもある渡辺読売グループ会長の考えがすべてです。後任には今後もOBの江川(卓)さんや川相ヘッドコーチらさまざまな名前が取り沙汰されるのでしょうが、今の段階では“ドンのみぞ知る”ですよ」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る