球団会長激怒、選手も奮起せず 巨人原監督「解任報道」の波紋

公開日: 更新日:

「策士、策に溺れるというか、かえって逆効果ですよ」

 巨人の球団関係者はこう漏らした。26日から首位ヤクルトと天王山2連戦を戦うその日、某スポーツ紙が「原監督V逸なら解任も」と1面でデカデカとブチ上げてきたからだ。

 2年契約2年目の原辰徳監督(57)は「新成」を掲げ、リーグ4連覇を目指したものの苦戦を強いられた。巨大戦力を抱えながら、打線が貧打にあえぐ体たらく。優勝を逃すようなら進退問題に発展して当然だ。先日、白石オーナーが「それは(結果を)見てからの話。全幅の信頼を置いてやってもらっている。試合が終わるまでは」と球団のスタンスをハッキリ示したにもかかわらず、シーズン終了を待たずしてこのような話が出たのはなぜか。ある球界関係者がこう言う。

「原監督がいまだに正式な続投要請を受けていないため、監督とつながりが深いスポーツ紙が気持ちを代弁したともっぱら。3位でV逸した11年でさえ、9月13日までには要請を受けていた。それなのに今回は球団から何のアクションもないことに、原監督が苛立っているのは確かだろう。しかし、退任や勇退ではなく、『解任』とは穏やかじゃない。これは球団主導の『クビ』を意味し、契約が切れる原監督には当てはまらない言葉。退任が妥当なのに、あえて解任としたところに、原監督の球団への強い不満が表れているとみて間違いない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る