国内4戦連続予選落ち 宮里藍の「復活」に一番必要なモノは?

公開日:  更新日:

【日本女子オープン】

 2日目58位タイ発進から巻き返しを狙った宮里藍(30)。前半のインは3バーディー、2ボギーと1つ伸ばして折り返した。しかし3番パー4でダブルボギーを叩くと、7番ボギー、上がりの9番パー5では1メートル足らずのパーパットを決められず、アウトはバーディーなし。カットラインに1打届かず、通算8オーバー62位タイ。今季は日本ツアーに出場した4試合すべてで予選落ちとなった。

「後半最後の5ホールぐらいで(スロープレーの)計測が入って、『焦らずじっくり』が今日のテーマだったんですけど、それができなくて……」(宮里)

 常に前向きなコメントを発する宮里が言い訳がましいことを口にするのは珍しいが、アマチュアが7人も決勝に進出しているだけにショックだったのだろう。

 宮里が本大会で初優勝を飾った2005年、最終日は2万1018人ものギャラリーを集めた。それから10年たっただけで見る影もなく、当時とは全くの別人になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る