• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国内4戦連続予選落ち 宮里藍の「復活」に一番必要なモノは?

【日本女子オープン】

 2日目58位タイ発進から巻き返しを狙った宮里藍(30)。前半のインは3バーディー、2ボギーと1つ伸ばして折り返した。しかし3番パー4でダブルボギーを叩くと、7番ボギー、上がりの9番パー5では1メートル足らずのパーパットを決められず、アウトはバーディーなし。カットラインに1打届かず、通算8オーバー62位タイ。今季は日本ツアーに出場した4試合すべてで予選落ちとなった。

「後半最後の5ホールぐらいで(スロープレーの)計測が入って、『焦らずじっくり』が今日のテーマだったんですけど、それができなくて……」(宮里)

 常に前向きなコメントを発する宮里が言い訳がましいことを口にするのは珍しいが、アマチュアが7人も決勝に進出しているだけにショックだったのだろう。

 宮里が本大会で初優勝を飾った2005年、最終日は2万1018人ものギャラリーを集めた。それから10年たっただけで見る影もなく、当時とは全くの別人になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る