国内4戦連続予選落ち 宮里藍の「復活」に一番必要なモノは?

公開日:  更新日:

【日本女子オープン】

 2日目58位タイ発進から巻き返しを狙った宮里藍(30)。前半のインは3バーディー、2ボギーと1つ伸ばして折り返した。しかし3番パー4でダブルボギーを叩くと、7番ボギー、上がりの9番パー5では1メートル足らずのパーパットを決められず、アウトはバーディーなし。カットラインに1打届かず、通算8オーバー62位タイ。今季は日本ツアーに出場した4試合すべてで予選落ちとなった。

「後半最後の5ホールぐらいで(スロープレーの)計測が入って、『焦らずじっくり』が今日のテーマだったんですけど、それができなくて……」(宮里)

 常に前向きなコメントを発する宮里が言い訳がましいことを口にするのは珍しいが、アマチュアが7人も決勝に進出しているだけにショックだったのだろう。

 宮里が本大会で初優勝を飾った2005年、最終日は2万1018人ものギャラリーを集めた。それから10年たっただけで見る影もなく、当時とは全くの別人になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る