「全米女子プロ」捨て国内大会出場 宮里藍“心変わり”の理由

公開日: 更新日:

 夢は諦めたということか。

 11日に開幕する女子プロゴルフの「サントリーレディスオープン」(兵庫・六甲国際GC)に、4年ぶりに出場する宮里藍(29)が10日、プロアマ戦に出場。冠企業と契約しているホステスプロとあって、同伴者の山本浩二氏(野球評論家)らに笑顔を振りまきながら最終調整を行った。

 それにしても、なぜ今日本にいるのか?

 藍が主戦場としている米女子ツアーは今週、メジャー第2戦の全米女子プロ選手権が開催される。06年から米ツアーに本格参戦している藍は、同ツアーで9勝を挙げ、10年6月から10週間にわたって世界ランク1位にも君臨したことがある。

 昨季、米ツアーで初めて賞金シードを逃したが、それでもメジャー大会に優勝することが最大の目標であり悲願であるのは変わりない。周囲には「メジャーに勝つまでは結婚しない」とも語っているほど、タイトルへのこだわりは強い。賞金シードは失ったものの、今週の全米女子プロの出場権は持っていた。それなのに4年ぶりに今大会に出てくるのは、「全米女子プロの会場が厳しいからではないか」と、あるツアー関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る