「全米女子プロ」捨て国内大会出場 宮里藍“心変わり”の理由

公開日:  更新日:

 夢は諦めたということか。

 11日に開幕する女子プロゴルフの「サントリーレディスオープン」(兵庫・六甲国際GC)に、4年ぶりに出場する宮里藍(29)が10日、プロアマ戦に出場。冠企業と契約しているホステスプロとあって、同伴者の山本浩二氏(野球評論家)らに笑顔を振りまきながら最終調整を行った。

 それにしても、なぜ今日本にいるのか?

 藍が主戦場としている米女子ツアーは今週、メジャー第2戦の全米女子プロ選手権が開催される。06年から米ツアーに本格参戦している藍は、同ツアーで9勝を挙げ、10年6月から10週間にわたって世界ランク1位にも君臨したことがある。

 昨季、米ツアーで初めて賞金シードを逃したが、それでもメジャー大会に優勝することが最大の目標であり悲願であるのは変わりない。周囲には「メジャーに勝つまでは結婚しない」とも語っているほど、タイトルへのこだわりは強い。賞金シードは失ったものの、今週の全米女子プロの出場権は持っていた。それなのに4年ぶりに今大会に出てくるのは、「全米女子プロの会場が厳しいからではないか」と、あるツアー関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る