国内戦連続予選落ち…凋落目立つ宮里藍の気になる今後

公開日: 更新日:

【サントリーレディス】(兵庫・六甲国際ゴルフ倶楽部=6511ヤード・パー72)

 所属契約を結ぶサントリーのホステスプロとして4年ぶりに出場した宮里藍(29)。26位発進の2日目は1バーディー、5ボギーとスコアを崩して通算3オーバー66位。5月のサロンパス杯もホステスプロとして出場しながら、これで国内戦2試合連続予選落ちと凋落ぶりばかり目立った。

「なかなかうまくいかなかった。今大会初の予選落ち? 自分のベストを尽くしたつもり。付いたところも難しかったし、後半際どいピン位置もあって、簡単にはバーディーを取らせてもらえないなと。それが今の実力であるかなと受け止めている」(藍)

 今大会は25回目を迎えた記念大会。藍は2000年大会にアマチュアで初出場し、14歳11カ月の史上最年少記録で予選を通過。翌01年から3年連続でベストアマに輝き、この大会をきっかけにプロ転向と同時にサントリーと所属契約を結んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る