日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
川淵三郎
著者のコラム一覧
川淵三郎日本サッカー協会最高顧問

1936年12月3日生まれ。大阪府出身。早稲田大から古河電工(現千葉)に入り、64年東京五輪出場。Jリーグ初代チェアマン。02年に日本サッカー協会会長に就任。現協会最高顧問。13年に首都大学東京の理事長に就任。15年4月、バスケットボール界改革のために発足したジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ初代理事長に就任

<第5回>「初めてプロに習ったらカット打ちをやらされて…」

(提供写真)

 川淵三郎は練習について、こう思っている。

「もともと自分はサボリ屋だから、練習は嫌い。サッカー代表選手の頃だって、早く終わればいいと思いながら、練習していた。ゴルフを始めた時も同じだった。お客さんと一緒にゴルフをやるのに空振りだけはまずいと練習場へ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事