• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まるで選手職員を“容疑者”扱い 巨人の「事情聴取」に疑問符

 衝撃の事件発覚から一夜明けた巨人は6日、クライマックスシリーズに向けた全体練習を再開。福田聡志(32)の野球賭博への関与が明るみになった翌日ゆえ、当然のことながら東京ドームは重苦しいムードに包まれた。

 午後0時半の練習開始前には白石オーナーら球団首脳が厳しい表情で現れ、緊急ミーティングを招集。ロッカールームに原監督ら首脳陣、選手、スタッフを集めて「非常に不面目な事態で極めて残念。巨人軍はグラウンド上、外でも紳士たらなければならない、重い責任を背負っている。それを君たちも忘れてはならない」と強い口調で綱紀粛正を求めた。

 久保球団社長は全選手と球団職員から事情聴取することを明らかにし、この日の練習後からさっそくヒアリングを開始した。ところが、“容疑者”扱いされる選手、スタッフからはブーイングが噴出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る