まるで選手職員を“容疑者”扱い 巨人の「事情聴取」に疑問符

公開日: 更新日:

 衝撃の事件発覚から一夜明けた巨人は6日、クライマックスシリーズに向けた全体練習を再開。福田聡志(32)の野球賭博への関与が明るみになった翌日ゆえ、当然のことながら東京ドームは重苦しいムードに包まれた。

 午後0時半の練習開始前には白石オーナーら球団首脳が厳しい表情で現れ、緊急ミーティングを招集。ロッカールームに原監督ら首脳陣、選手、スタッフを集めて「非常に不面目な事態で極めて残念。巨人軍はグラウンド上、外でも紳士たらなければならない、重い責任を背負っている。それを君たちも忘れてはならない」と強い口調で綱紀粛正を求めた。

 久保球団社長は全選手と球団職員から事情聴取することを明らかにし、この日の練習後からさっそくヒアリングを開始した。ところが、“容疑者”扱いされる選手、スタッフからはブーイングが噴出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る