• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まるで選手職員を“容疑者”扱い 巨人の「事情聴取」に疑問符

 衝撃の事件発覚から一夜明けた巨人は6日、クライマックスシリーズに向けた全体練習を再開。福田聡志(32)の野球賭博への関与が明るみになった翌日ゆえ、当然のことながら東京ドームは重苦しいムードに包まれた。

 午後0時半の練習開始前には白石オーナーら球団首脳が厳しい表情で現れ、緊急ミーティングを招集。ロッカールームに原監督ら首脳陣、選手、スタッフを集めて「非常に不面目な事態で極めて残念。巨人軍はグラウンド上、外でも紳士たらなければならない、重い責任を背負っている。それを君たちも忘れてはならない」と強い口調で綱紀粛正を求めた。

 久保球団社長は全選手と球団職員から事情聴取することを明らかにし、この日の練習後からさっそくヒアリングを開始した。ところが、“容疑者”扱いされる選手、スタッフからはブーイングが噴出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る