日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人福田の賭博で大揺れ 問われるプロ球界の体質と選手教育

 1人や2人ではない。巨人の福田聡志(32)が野球賭博に関与していた問題で球界は大揺れだが、思慮が足りないというか、世間知らずの選手は球界にゴマンといる。

 そもそも今の選手は、1970年前後に起きた黒い霧事件なんて「はあ?」ってなもんだろう。暴力団が絡んだ、この大掛かりな八百長事件により、多くの選手は永久追放などの厳罰が下された。球界最大の汚点の歴史を知らないから、例えば、セ・パの球団を渡り歩いたある大物OBは「俺のバックには〇〇組がついている」とすごんだり、「俺は××会の幹部と仲がいい」と吹聴しているやからもいる。

 あるテレビ関係者は数年前、球界OBに「ついてこい」と言われ、指定暴力団の組長の誕生日を祝う会に出た。そこの高級料亭で受付をやっていたのは、在京球団の主砲と在阪球団の主砲。2人が並んで立っていたので「ここの組員か?」とビックリしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事