姜正浩は大けが メジャー「猛スライディング」は見納めか

公開日: 更新日:

 アレがなければ新人王だったかもしれない。

 パイレーツの遊撃手・姜正浩(28)は、9月18日のカブス戦で左膝内側側副靱帯および半月板を損傷。すねも骨折し大手術を受けた。4年契約(1100万ドル=約13億円)で韓国プロ野球からパイレーツ入りした姜は今季、ケガの前までは、126試合で打率.287、15本塁打、58打点の活躍で、ナ・リーグ新人王の有力候補だった。ケガは全治6カ月以上というから、来季の開幕に間に合うかは微妙だ。

 姜に大ケガを負わせたのはカブスのコグラン。この選手はマーリンズ時代の09年に、当時レイズの二塁手だった岩村(明憲=現福島ホープス選手兼任監督)にも同じような激しいスライディングを見舞って左膝前十字靱帯断裂の重傷を負わせた。

「コグランはチームの主力ではないため、大事な試合ではあのようなハッスルプレーをしなければならない選手です。姜のいた韓国では、併殺阻止の激しいスライディングはほとんどみられないから、二塁や遊撃手はスライディングを避けるのが苦手。カブスとパイレーツは当時、同地区でワイルドカードを争っていた。狙われたのは間違いないでしょう」(メジャー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る