• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

姜正浩は大けが メジャー「猛スライディング」は見納めか

 アレがなければ新人王だったかもしれない。

 パイレーツの遊撃手・姜正浩(28)は、9月18日のカブス戦で左膝内側側副靱帯および半月板を損傷。すねも骨折し大手術を受けた。4年契約(1100万ドル=約13億円)で韓国プロ野球からパイレーツ入りした姜は今季、ケガの前までは、126試合で打率.287、15本塁打、58打点の活躍で、ナ・リーグ新人王の有力候補だった。ケガは全治6カ月以上というから、来季の開幕に間に合うかは微妙だ。

 姜に大ケガを負わせたのはカブスのコグラン。この選手はマーリンズ時代の09年に、当時レイズの二塁手だった岩村(明憲=現福島ホープス選手兼任監督)にも同じような激しいスライディングを見舞って左膝前十字靱帯断裂の重傷を負わせた。

「コグランはチームの主力ではないため、大事な試合ではあのようなハッスルプレーをしなければならない選手です。姜のいた韓国では、併殺阻止の激しいスライディングはほとんどみられないから、二塁や遊撃手はスライディングを避けるのが苦手。カブスとパイレーツは当時、同地区でワイルドカードを争っていた。狙われたのは間違いないでしょう」(メジャー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る