日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポストシーズンも工夫欠かさないメジャーリーグの企業努力

 約3週間前の9月16日にソフトバンクが、10月2日にはヤクルトがリーグ優勝を決めたというのに、プロ野球はポストシーズンがはじまるどころか、スカスカの日程で試合を消化している。虫食い日程はポストシーズンに入ってからも続く。これでは選手もファンもシラケるばかりだ。

 そこへいくと海の向こうでは、手を替え品を替え、ポストシーズンを盛り上げている。そのひとつが2012年からはじまった、地区優勝以外の2位以下の勝率上位2チームが地区シリーズ進出をかけて対戦するWC(ワイルドカード)ゲーム(1試合)の導入である。

 特に今シーズンは、最後まで目が離せなかった。レンジャーズは最終戦の162試合目にア・リーグ西地区優勝を決めたが、もしその試合で敗れ、同2位のアストロズが勝っていれば翌日が優勝決定戦になり、負けた方はWCゲームへ。同地区3位のエンゼルスが最終戦でレンジャーズに勝ち、アストロズが負けた場合、優勝はレンジャーズ。翌日にアストロズとエンゼルスの同率2チームでWCゲーム出場をかけた決定戦を行うところだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事