• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポストシーズンも工夫欠かさないメジャーリーグの企業努力

 約3週間前の9月16日にソフトバンクが、10月2日にはヤクルトがリーグ優勝を決めたというのに、プロ野球はポストシーズンがはじまるどころか、スカスカの日程で試合を消化している。虫食い日程はポストシーズンに入ってからも続く。これでは選手もファンもシラケるばかりだ。

 そこへいくと海の向こうでは、手を替え品を替え、ポストシーズンを盛り上げている。そのひとつが2012年からはじまった、地区優勝以外の2位以下の勝率上位2チームが地区シリーズ進出をかけて対戦するWC(ワイルドカード)ゲーム(1試合)の導入である。

 特に今シーズンは、最後まで目が離せなかった。レンジャーズは最終戦の162試合目にア・リーグ西地区優勝を決めたが、もしその試合で敗れ、同2位のアストロズが勝っていれば翌日が優勝決定戦になり、負けた方はWCゲームへ。同地区3位のエンゼルスが最終戦でレンジャーズに勝ち、アストロズが負けた場合、優勝はレンジャーズ。翌日にアストロズとエンゼルスの同率2チームでWCゲーム出場をかけた決定戦を行うところだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る