ヤンキースWCゲームで終戦 田中が制球甘く“一発病”に泣く

公開日:  更新日:

 初めてのポストシーズンのマウンドはチームに勝利をもたらせなかった。

 ヤンキース・田中将大(26)が6日(日本時間7日)、アストロズとのワイルドカード(WC)ゲームに登板。5回を2本塁打含む4安打2失点。打線は20勝(8敗)左腕カイクルに六回まで散発3安打に抑えられるなど、アストロズ投手陣を前に好機すら作れず完封負け。地区シリーズ進出はならなかった。

 3本塁打を浴びるなど7安打6失点と打ち込まれた6月の対戦と同様に一発を許した。二回は先頭の4番ラスマスに直球を捉えられ、右翼スタンドに運ばれる。四回にはゴメスに高めの変化球を左翼席に叩き込まれた。その後は直球系主体の投球に切り替え、五回は3人で切り抜ける。立ち直りの兆しを見せながら、負ければ後がない状況だけに、球数83と余力を残しながらも、指揮官に早々と見切りをつけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る