7年ぶり地区S進出のカブス 躍進の陰に指揮官の“マジック”

公開日:  更新日:

 およそ1世紀ぶりの世界一を目指す。ナ・リーグのワイルドカード(WC)ゲームは7日(日本時間8日)に行われ、カブスがパイレーツを4-0で下し、地区シリーズ進出を果たした。カブスは9日からナ・リーグ優勝決定シリーズ進出をかけてカージナルス(中地区優勝)と対戦する。

 七回には死球を巡って両軍が入り乱れての小競り合いに発展。両軍に対して警告が発せられる荒れた展開となったが、エース右腕アリエッタが完封で同地区のライバルを振り切った。

 そのカブスを率いるのが、就任1年目のジョー・マドン監督(61)だ。08年には、それまで「大リーグのお荷物」といわれたレイズを率いて球団史上初の地区優勝に導いた名将である。

 理論派として知られる指揮官はハンディを克服してチームを躍進させた。カブスの本拠地リグレー・フィールドのあるシカゴ市の条例で年間50試合以上をデーゲームで行うことが義務付けられている。気温が30度を超える真夏でもナイターを組めないため、選手への負担は大。地区優勝争いが熾烈になる9月には選手の疲労がピークに達し、チームが失速するのが常だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る