日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真中監督の手腕評価の権藤氏 「自主性」野球の“落とし穴”忠告

 今後が楽しみな青年監督の誕生と期待しているが、最後に一つだけ忠告を。98年に優勝したベイスターズが翌99年に3位に終わると、私が打ち出した「奔放野球」は「放任野球」と批判されるようになった。放任は「成り行きに任せてほうっておくこと」で、奔放は「伝統や慣習にとらわれず、思うままに振る舞うこと」。まったく意味は違うのだが、持ち上げられた「自主性の尊重」は「何もしない」ことになって叩かれた。

 人の心は移ろいやすい。「自主性」という言葉は捉え方によって称賛の種にも批判の種にもなる。結果が出なければ、ファンやマスコミの見方もガラリと変わっていろいろな横やりが入るかもしれない。それでも、真中監督には自分の信念を貫き通して欲しい。あなたのやり方は決して間違っていないのだから。

(野球評論家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事