マーリンズと再契約のイチローが手にする“本当の金額”

公開日: 更新日:

 来季、メジャー最年長選手となるベテラン外野手の契約の中身が明らかになった。

 マーリンズと再契約したイチローの来季年俸は200万ドル(約2億4000万円)で、17年の契約は球団が選択権を持つ。マーリンズがイチローと契約しない場合は50万ドル(約6000万円)を支払うという。

 打席数に応じた出来高払いも付いており、250打席、300打席に達すれば、それぞれ30万ドル(約3600万円)を受け取る。300打席以降は50打席増えるごとに40万ドル(約4800万円)を手にし、600打席で、出来高は最大で300万ドル(約3億6000万円)。年俸と合わせて来季の実入りは最高で500万ドル(約6億円)となる。今季は153試合(スタメン58試合)に出場し、438打席だった。

 イチローは来季も「4人目の外野手」という位置づけは変わらず、主力に故障者が出なければ、出場機会は限られる。当然、打席数は減り、来季の収入は3億円に届かない可能性は大と思いきや、実は別の実入りがある。

 イチローは07年にマリナーズと5年総額9000万ドル(当時のレートで約110億円)で契約延長し、そのうち6000万ドルは再契約金、年俸として12年までに受け取った。残りの3000万ドルは32年まで20年間、分割で支払われることになっていて、イチローの預金口座には32年まで毎年157万5000ドル(約1億9000万円)がマリナーズから入金される。つまり、来季はそのカネと基本年俸だけで約4億3000万円。それにCM出演料などの副収入もある。

 マリナーズ時代の最高年俸は1800万ドル(約21億6000万円=09~11年)。

 最盛期と比べれば大幅ダウンしたものの、58歳までは安定した収入が得られるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?