竹谷佳孝
著者のコラム一覧
竹谷佳孝プロゴルファー

1980年1月生まれ、山口県出身。宇部鴻城高校時代は野球部所属。腰を痛めてプロ野球選手を断念、父親の誘いでゴルフを始め、高校卒業後は九州ゴルフ専門学校に入って本格的に取り組んだ。同校を卒業後は広島県内のゴルフ場で研修生となり、06年にプロ入り。13年はチャレンジ最終戦に勝って賞金ランク14位から一気に2位へ。そのチャンスを見事に生かして、14年の日本ゴルフツアー選手権のメジャー大会で初優勝。趣味はドライブ、読書。

プロにも読めないグリーンがある

公開日: 更新日:
竹谷佳孝(C)日刊ゲンダイ

 先週のKBCオーガスタは、池田勇太選手会長が優勝しました

 会長職も3期目を迎え、8月にサンクフル主催者懇親会を無事に終えた安堵感や達成感もきっとあったのでしょう。

 ツアーの裏方業務から本業に専念するのだと、気持ちを…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る