日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賭博問題で飛び火 消えた野球くじと新国立「巨人本拠地」計画

 プロ野球・巨人の2選手が野球賭博に関与していた問題は、新国立競技場問題にも“飛び火”した。

 スポーツ振興くじ(toto)の対象をプロ野球に広げる「野球くじ」の構想について、下村博文文科相は5日、「(賭博問題で)もう当然、対象にはならない」と断言。遠藤利明五輪担当相も「今の段階では難しい」と話すなど、野球くじ導入は完全に白紙に戻った。売り上げを新国立競技場の財源として確保しようとしていたが、それも無理だろう。

 だが、それ以上に問題なのが、密かに進行していた新国立の「巨人本拠地」計画だろう。五輪後に発生する莫大な維持費を賄えるのは「巨人しかいない」との認識のもと、自民党内では話が進んでいたとされる。だが、選手が賭博に関与していたことで、世間がこの計画を許すわけがない。しかも、野球くじを白紙にして財源確保も不可能にした巨人の“罪”は重すぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事