• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賭博問題で飛び火 消えた野球くじと新国立「巨人本拠地」計画

 プロ野球・巨人の2選手が野球賭博に関与していた問題は、新国立競技場問題にも“飛び火”した。

 スポーツ振興くじ(toto)の対象をプロ野球に広げる「野球くじ」の構想について、下村博文文科相は5日、「(賭博問題で)もう当然、対象にはならない」と断言。遠藤利明五輪担当相も「今の段階では難しい」と話すなど、野球くじ導入は完全に白紙に戻った。売り上げを新国立競技場の財源として確保しようとしていたが、それも無理だろう。

 だが、それ以上に問題なのが、密かに進行していた新国立の「巨人本拠地」計画だろう。五輪後に発生する莫大な維持費を賄えるのは「巨人しかいない」との認識のもと、自民党内では話が進んでいたとされる。だが、選手が賭博に関与していたことで、世間がこの計画を許すわけがない。しかも、野球くじを白紙にして財源確保も不可能にした巨人の“罪”は重すぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る