早計すぎるIOC 「野球賭博」問題は追加種目に影響なしの見解

公開日:  更新日:

 2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会の事務折衝が、14日終了。IOCのコーツ調整委員長は、5日に発覚した巨人の選手による野球賭博問題に関して「違法賭博は全く容認できない」としながらも、「1人の選手のことで組織的ではない」と、追加種目の選定には影響しないとの見解を示した。

 しかし実態の解明に向け、現在、日本野球機構調査委員会が八百長があったかどうかも含めて、詳しい調査を始めたばかり。野球賭博に関わった福田聡志(32)と笠原将生(24)は謹慎処分中だが、今後の調査結果次第では球団による法的措置も検討されている。それが調査も済まないうちから「組織的ではない」とは、あまりにも早計だ。

 今回の事件は氷山の一角である可能性もまだ残されている。一選手の問題にとどまらず、組織的に行われた「第2の黒い霧事件」に発展するかもしれないのだ。

 ましてや野球賭博は暴力団組織の重要な資金源であり、その額は数十億円にのぼるともいわれている。五輪大会の裏で莫大なカネが動くことだって考えられる。JOCの平岡専務理事は「IOCは差別やギャンブル、賭博、ドーピングの不正を許さない」と言っていたが、口先だけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る