• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早計すぎるIOC 「野球賭博」問題は追加種目に影響なしの見解

 2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会の事務折衝が、14日終了。IOCのコーツ調整委員長は、5日に発覚した巨人の選手による野球賭博問題に関して「違法賭博は全く容認できない」としながらも、「1人の選手のことで組織的ではない」と、追加種目の選定には影響しないとの見解を示した。

 しかし実態の解明に向け、現在、日本野球機構調査委員会が八百長があったかどうかも含めて、詳しい調査を始めたばかり。野球賭博に関わった福田聡志(32)と笠原将生(24)は謹慎処分中だが、今後の調査結果次第では球団による法的措置も検討されている。それが調査も済まないうちから「組織的ではない」とは、あまりにも早計だ。

 今回の事件は氷山の一角である可能性もまだ残されている。一選手の問題にとどまらず、組織的に行われた「第2の黒い霧事件」に発展するかもしれないのだ。

 ましてや野球賭博は暴力団組織の重要な資金源であり、その額は数十億円にのぼるともいわれている。五輪大会の裏で莫大なカネが動くことだって考えられる。JOCの平岡専務理事は「IOCは差別やギャンブル、賭博、ドーピングの不正を許さない」と言っていたが、口先だけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る