早計すぎるIOC 「野球賭博」問題は追加種目に影響なしの見解

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会の事務折衝が、14日終了。IOCのコーツ調整委員長は、5日に発覚した巨人の選手による野球賭博問題に関して「違法賭博は全く容認できない」としながらも、「1人の選手のことで組織的ではない」と、追加種目の選定には影響しないとの見解を示した。

 しかし実態の解明に向け、現在、日本野球機構調査委員会が八百長があったかどうかも含めて、詳しい調査を始めたばかり。野球賭博に関わった福田聡志(32)と笠原将生(24)は謹慎処分中だが、今後の調査結果次第では球団による法的措置も検討されている。それが調査も済まないうちから「組織的ではない」とは、あまりにも早計だ。

 今回の事件は氷山の一角である可能性もまだ残されている。一選手の問題にとどまらず、組織的に行われた「第2の黒い霧事件」に発展するかもしれないのだ。

 ましてや野球賭博は暴力団組織の重要な資金源であり、その額は数十億円にのぼるともいわれている。五輪大会の裏で莫大なカネが動くことだって考えられる。JOCの平岡専務理事は「IOCは差別やギャンブル、賭博、ドーピングの不正を許さない」と言っていたが、口先だけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る