三好徹
著者のコラム一覧
三好徹作家、ジャーナリスト

本名・河上雄三。1931年東京生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。読売新聞社に入社。66年作家デビュー。67年に「風塵地帯日本推理作家協会賞、68年には「聖少女」で第58回直木賞を受賞する。歴史小説、スパイ小説、推理小説、近代の伝記の政治家、幕末・明治期の伝説小説、ゴルフに関する著作など、幅広いジャンルで活躍中。「チェ・ゲバラ伝」はロングセラー。

ホーガンのマスターズで朝6時から全グリーンを調べた

公開日: 更新日:

 日曜日の午後にゴルフの成績はどうなっているか、とTVをつけてみると、優勝を争っているのは日本のプロよりも外国人(それも韓国人が多い)であることが多い。4日間の試合の場合、男子なら約150人、女子に多い3日間なら130人程度の出場になるのが普通である。そして決勝ラウンドに進めるの…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  9. 9

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

  10. 10

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

もっと見る