獲得賞金2億円目前も…イ・ボミ「ツアー欠場」決めた理由

公開日:  更新日:

 今季も残り5試合となった国内女子ツアー。注目は、イ・ボミ(27)が女子ツアー史上初の賞金2億円を突破するかどうかである。

 現在、獲得賞金は約1億8928万円で、早ければ今週末にも達成する可能性もあったが、「樋口久子 Pontaレディス」に出場しないというのだから、ファンはガッカリだろう。現場では賞金ランク1位と2位のテレサ・ルー(28)が不在とあって、大会が盛り上がらないとカンカンだ。

 イ・ボミはここまで6勤1休、5勤1休、4勤1休のペースで試合に出場。シーズンも終盤に差し掛かり、疲れのたまった体をゆっくり休めて次週からの試合に備えるのかと思ったら、そうではなかった。

 今日(29日)から土曜日(31日)まで地元韓国に戻って、日本の旅行会社が主催する「イ・ボミ選手招待ツアー」に参加。ファンと一緒にラウンドしたり、ワンポイントレッスンや食事会、記念撮影などを行う。参加者は計70~80人ほどだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る