日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本女子OPで歴然 米ツアーで戦う韓国人の実力をプロ解説

【日本女子オープン】

 いったい、どこが「日本女子オープン」なのか。

 女子ゴルファー日本一を決める大会初日は、米ツアーが主戦場のユ・ソヨン(25)が68で回り、4アンダー単独トップに立った。世界ランク(WR)4位、2011年全米女子オープンなど米ツアー3勝の実力者だ。またアンダーパーを記録した7選手中、4人が韓国選手だった。

 今週は、WR30位以内の選手に出場資格があって、ソヨン以外にも同6位キム・ヒョージュ(20)、同7位フォン・シャンシャン(26)、同10位チョン・インジ(21)ら、いずれもメジャータイトルを制した海外のトッププロが来日した。国内で賞金女王争いトップを走るイ・ボミ(27)でさえ同23位というのだから、レベルの高い選手が集合したことになる。

 同じ米ツアーで戦っているとはいえ、過去優勝者の資格で出場した宮里美香(25)は同47位、宮里藍(30)は同175位。WR通りに初日は美香が7オーバー84位、藍が5オーバー58位という順位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事