V逸のイ・ボミに疲れ? 「次戦見据え切り替えた」とプロの目

公開日:  更新日:

【マスターズGCレディース】

 首位発進の李知姫(36)がパープレーで逃げ切り、今季2勝目(通算19勝)を挙げた最終日は、風が吹いてスコアを崩す選手が続出した。

 勝てば女子ツアー史上初の2億円突破と注目された1打差2位タイ発進のイ・ボミ(27)もノーバーディー、3ボギーの75と崩れて3位に終わり、大台超えは持ち越しになった。とはいえ、賞金レース独走(1億8928万円)のボミらしくない、アプローチが寄らない、パットが入らないというミスが目立った。

 テレビ出演の岡本綾子が「何かが狂った感じがします」と解説したが、何だったのか? 田原紘プロは「疲れているようにも見え、ショットにキレがなかった」とこう続ける。

「寒さのせいもあって、いつもの切り返しではなかった。ただ前半をパープレーで終えて、優勝争いより、賞金ランク2位のテレサ・ルーよりも上に行けばいいと頭を切り替えたのでしょう。2メートルのパーパットを外した17番パー3はグリーンを改造したところにカップが切られ、芝の色目の違いから、タッチの出し方が読みづらかったと思う。しかし、ボミはこれまで戦ってきたストロークを崩したくないから“逃げのパット”、つまりスタイルを変えないパッティングを貫いた。それも来週以降の試合を見据えての戦いであり、決してゴルフの調子が狂っているわけではありません」

 優勝こそ逃したが、自身の目標である賞金女王タイトル獲得に向けて着実に前進しており、しぶとい戦いを続けていたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る