V逸のイ・ボミに疲れ? 「次戦見据え切り替えた」とプロの目

公開日: 更新日:

【マスターズGCレディース】

 首位発進の李知姫(36)がパープレーで逃げ切り、今季2勝目(通算19勝)を挙げた最終日は、風が吹いてスコアを崩す選手が続出した。

 勝てば女子ツアー史上初の2億円突破と注目された1打差2位タイ発進のイ・ボミ(27)もノーバーディー、3ボギーの75と崩れて3位に終わり、大台超えは持ち越しになった。とはいえ、賞金レース独走(1億8928万円)のボミらしくない、アプローチが寄らない、パットが入らないというミスが目立った。

 テレビ出演の岡本綾子が「何かが狂った感じがします」と解説したが、何だったのか? 田原紘プロは「疲れているようにも見え、ショットにキレがなかった」とこう続ける。

「寒さのせいもあって、いつもの切り返しではなかった。ただ前半をパープレーで終えて、優勝争いより、賞金ランク2位のテレサ・ルーよりも上に行けばいいと頭を切り替えたのでしょう。2メートルのパーパットを外した17番パー3はグリーンを改造したところにカップが切られ、芝の色目の違いから、タッチの出し方が読みづらかったと思う。しかし、ボミはこれまで戦ってきたストロークを崩したくないから“逃げのパット”、つまりスタイルを変えないパッティングを貫いた。それも来週以降の試合を見据えての戦いであり、決してゴルフの調子が狂っているわけではありません」

 優勝こそ逃したが、自身の目標である賞金女王タイトル獲得に向けて着実に前進しており、しぶとい戦いを続けていたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る