V逸のイ・ボミに疲れ? 「次戦見据え切り替えた」とプロの目

公開日: 更新日:

【マスターズGCレディース】

 首位発進の李知姫(36)がパープレーで逃げ切り、今季2勝目(通算19勝)を挙げた最終日は、風が吹いてスコアを崩す選手が続出した。

 勝てば女子ツアー史上初の2億円突破と注目された1打差2位タイ発進のイ・ボミ(27)もノーバーディー、3ボギーの75と崩れて3位に終わり、大台超えは持ち越しになった。とはいえ、賞金レース独走(1億8928万円)のボミらしくない、アプローチが寄らない、パットが入らないというミスが目立った。

 テレビ出演の岡本綾子が「何かが狂った感じがします」と解説したが、何だったのか? 田原紘プロは「疲れているようにも見え、ショットにキレがなかった」とこう続ける。

「寒さのせいもあって、いつもの切り返しではなかった。ただ前半をパープレーで終えて、優勝争いより、賞金ランク2位のテレサ・ルーよりも上に行けばいいと頭を切り替えたのでしょう。2メートルのパーパットを外した17番パー3はグリーンを改造したところにカップが切られ、芝の色目の違いから、タッチの出し方が読みづらかったと思う。しかし、ボミはこれまで戦ってきたストロークを崩したくないから“逃げのパット”、つまりスタイルを変えないパッティングを貫いた。それも来週以降の試合を見据えての戦いであり、決してゴルフの調子が狂っているわけではありません」

 優勝こそ逃したが、自身の目標である賞金女王タイトル獲得に向けて着実に前進しており、しぶとい戦いを続けていたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  6. 6

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  7. 7

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  8. 8

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  9. 9

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

  10. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る