異様なまでの“五郎丸人気”と未熟すぎる日本のラグビー文化

公開日:  更新日:

 ニュージーランド(世界ランク1位)が34-17でオーストラリア(同2位)を破り、史上初の連覇を成し遂げ幕を閉じたラグビーW杯。8万人を超えるスタンドのファンは最高峰のラグビーに酔いしれた。

 日本では、どれだけの人がこの決勝戦をライブでテレビ観戦したかはわからないが、ひとつだけ言えることは、1次リーグで3勝した日本代表とは、あらゆる面でレベルが違いすぎるということだ。

 190センチ前後の大男たちのパワーはもちろん、例えば、ニュージーランドの司令塔ダニエル・カーターの正確なキック、センター・スリークオーター・バック(CTB)のマア・ノヌーの鋭いステップとスピード。相手のボールを叩き落としてノックオンの反則を誘う「小技」……頂上決戦を戦った両国選手と日本代表の実力、体力差は、4年後の地元大会までに埋められるものではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る