異様なまでの“五郎丸人気”と未熟すぎる日本のラグビー文化

公開日:  更新日:

 ニュージーランド(世界ランク1位)が34-17でオーストラリア(同2位)を破り、史上初の連覇を成し遂げ幕を閉じたラグビーW杯。8万人を超えるスタンドのファンは最高峰のラグビーに酔いしれた。

 日本では、どれだけの人がこの決勝戦をライブでテレビ観戦したかはわからないが、ひとつだけ言えることは、1次リーグで3勝した日本代表とは、あらゆる面でレベルが違いすぎるということだ。

 190センチ前後の大男たちのパワーはもちろん、例えば、ニュージーランドの司令塔ダニエル・カーターの正確なキック、センター・スリークオーター・バック(CTB)のマア・ノヌーの鋭いステップとスピード。相手のボールを叩き落としてノックオンの反則を誘う「小技」……頂上決戦を戦った両国選手と日本代表の実力、体力差は、4年後の地元大会までに埋められるものではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る