大正製薬100万円贈呈 ラグビー代表“報奨金ラッシュ”の予感

公開日: 更新日:

 出さないわけにはいかないだろう。

 ラグビーW杯イングランド大会の1次リーグで歴史的な3勝を挙げた日本代表に対し、(男女)日本代表のオフィシャルスポンサーである大正製薬は15日、選手及びスタッフ全員(50人)に対し、報奨金として1人当たり100万円を贈呈することを決定した。

 同社は「『ラグビー日本代表』の勇気をもって戦う姿と組織力に敬意を表すとともに、世界に日本ラグビーの素晴らしさを伝え、日本中に勇気と感動を与えてくれたことに当社一同感謝しています」と、報奨金を贈る理由を説明している。

 同社コーポレートコミュニケーション部によれば、「支払い時期、方法についてはラグビー協会と相談する。今のところは未定」とのことだが、男子日本代表のオフィシャルスポンサーは他にも3社あり、それ以外に日本代表そのものにも5社がオフィシャルスポンサーになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る