• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大正製薬100万円贈呈 ラグビー代表“報奨金ラッシュ”の予感

 出さないわけにはいかないだろう。

 ラグビーW杯イングランド大会の1次リーグで歴史的な3勝を挙げた日本代表に対し、(男女)日本代表のオフィシャルスポンサーである大正製薬は15日、選手及びスタッフ全員(50人)に対し、報奨金として1人当たり100万円を贈呈することを決定した。

 同社は「『ラグビー日本代表』の勇気をもって戦う姿と組織力に敬意を表すとともに、世界に日本ラグビーの素晴らしさを伝え、日本中に勇気と感動を与えてくれたことに当社一同感謝しています」と、報奨金を贈る理由を説明している。

 同社コーポレートコミュニケーション部によれば、「支払い時期、方法についてはラグビー協会と相談する。今のところは未定」とのことだが、男子日本代表のオフィシャルスポンサーは他にも3社あり、それ以外に日本代表そのものにも5社がオフィシャルスポンサーになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る