退任のエディーHCが痛烈警鐘 日本ラグビー「育成の問題点」

公開日: 更新日:

 世界のラグビー界から指導力を評価される指揮官が痛烈な一言を残して日本を去る。

 ラグビーW杯(イングランド)日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は13日に帰国した際、19年の日本大会に向けた日本ラグビー強化のための持論を展開。「しっかりしたプランがなければ強い代表はできない。やり遂げる力も必要だ。でも、これらを遂行するのは難しいだろう。(日本には)変化を嫌う人もいるからだ」と、現状から脱却しようとしない日本ラグビー界に警鐘を鳴らした。

 ジョーンズHCは12年4月に就任してから代表合宿で1日3部制の練習を取り入れるなど「ハードワーク」を選手に課した。世界に通用するフィジカルはもちろん、FWにはスクラム、ラインアウト、BKには走力を身に付けさせた。練習中に故障して離脱した選手には「満足に準備もせずにケガをするような選手は国際レベルでは通用しない」と容赦なく代表から外すなど、意識改革も徹底した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  4. 4

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る