若手指導は二の次? 掛布二軍監督に託される密かな「特命」

公開日: 更新日:

 阪神掛布雅之球団本部付育成&打撃コーディネーター(DC=60)が26日、甲子園のクラブハウスを訪れ、来季二軍監督の正式契約を交わした。

「1年間戦うにはチーム全部が戦力。一軍の戦力のバランスが崩れないようにサポートしていきたい」(掛布二軍監督)

 2013年オフに現場復帰した掛布DCは2年間、主に二軍の若手選手を中心に打撃指導を行っていた。今回もDCの契約を更新する予定だったが、金本知憲新監督(47)の要請で二軍監督に就任した。

 掛布DCを入閣させた狙いは二軍との連携強化だ。これまで一、二軍の風通しの悪さは、阪神の抱える大きな問題のひとつだった。

 例えば二軍首脳陣の推薦とは別の選手が昇格したり、結果や好不調にかかわらず、決まった選手ばかりが上がったりすることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る