若手指導は二の次? 掛布二軍監督に託される密かな「特命」

公開日:  更新日:

 阪神の掛布雅之球団本部付育成&打撃コーディネーター(DC=60)が26日、甲子園のクラブハウスを訪れ、来季二軍監督の正式契約を交わした。

「1年間戦うにはチーム全部が戦力。一軍の戦力のバランスが崩れないようにサポートしていきたい」(掛布二軍監督)

 2013年オフに現場復帰した掛布DCは2年間、主に二軍の若手選手を中心に打撃指導を行っていた。今回もDCの契約を更新する予定だったが、金本知憲新監督(47)の要請で二軍監督に就任した。

 掛布DCを入閣させた狙いは二軍との連携強化だ。これまで一、二軍の風通しの悪さは、阪神の抱える大きな問題のひとつだった。

 例えば二軍首脳陣の推薦とは別の選手が昇格したり、結果や好不調にかかわらず、決まった選手ばかりが上がったりすることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る