「金本の次」にあらず…掛布DCは虎二軍監督が“最後の仕事”

公開日:  更新日:

「念願がかなった」とは言えないだろう。

 金本知憲新監督(47)に沸く阪神の二軍監督に、球団本部付育成&打撃コーディネーター(DC)の掛布雅之氏(60)が就任することが20日、分かった。

 掛布DCは13年から二軍選手を中心に指導してきたが、キャンプの時以外はフロント職員という立場からジャージー姿。88年の現役引退後、「初のタテジマ」となる。

 掛布DCが二軍監督になったということは、金本新監督が期待を裏切った際の「次の駒」とみているファンもいるかもしれない。あるOBは「それはないだろ」と言ってこう続ける。

「カケには、楽天とロッテから監督就任の声が掛かったことがある。でも、他球団のユニホームを着れば、『ミスター・タイガース』のイメージが壊れると思って受けなかったみたいだ。今回、二軍監督とはいえ、タテジマに袖を通す夢はかなうわけだが、この先、一軍昇格はないだろう。もし一軍監督にするなら、球団は金本の前にやらせているはずだ。プロ野球の監督は今、どんどん若くなっている。楽天の梨田新監督の62歳は時代に逆行している、例外中の例外だよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る