早くも球児“争奪戦” 高知前監督が語る「掛け値なしの評価」

公開日:  更新日:

 元メジャーリーガーというより、元「阪神のストッパー」という方が通りがいい。藤川球児(35)がモテモテだ。

 今年5月にレンジャーズを自由契約になり、その後、独立リーグの高知ファイティングドッグスでプレーし、今季限りで退団。

 投手陣が手薄なヤクルトが早々に獲得に名乗りを上げると、今年5月に入団交渉が決裂した古巣の阪神も金本新監督自らが接触するなど、再アタック。救援陣がボロボロな中日も関心を示しているのだが、4年ぶりの日本球界復帰を不安視する声もある。

 日本では通算42勝25敗220セーブ、防御率1.77という輝かしい実績を残した。12年オフにメジャーのカブスに移籍。翌年6月に右ヒジにメス(トミー・ジョン手術)を入れ、結局、メジャー3年間で29試合、1勝1敗2セーブ、防御率5.74とパッとせずに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る