早くも球児“争奪戦” 高知前監督が語る「掛け値なしの評価」

公開日:  更新日:

 元メジャーリーガーというより、元「阪神のストッパー」という方が通りがいい。藤川球児(35)がモテモテだ。

 今年5月にレンジャーズを自由契約になり、その後、独立リーグの高知ファイティングドッグスでプレーし、今季限りで退団。

 投手陣が手薄なヤクルトが早々に獲得に名乗りを上げると、今年5月に入団交渉が決裂した古巣の阪神も金本新監督自らが接触するなど、再アタック。救援陣がボロボロな中日も関心を示しているのだが、4年ぶりの日本球界復帰を不安視する声もある。

 日本では通算42勝25敗220セーブ、防御率1.77という輝かしい実績を残した。12年オフにメジャーのカブスに移籍。翌年6月に右ヒジにメス(トミー・ジョン手術)を入れ、結局、メジャー3年間で29試合、1勝1敗2セーブ、防御率5.74とパッとせずに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る