来季から新ルール 「ブロック禁止」でプロ野球はどう変わる?

公開日: 更新日:

「作戦は大きく変わると思う」とは、セ球団の作戦担当コーチ。

「捕手がホームベースを空けた状態だから、走者がセーフになる確率は上がる。他の内野手と同様のタッチプレーが求められるからね。相手の守備力にもよるが、走者二塁の場面で本塁に行かせたり、走者三塁なら『ゴロゴー』や『ギャンブルスタート』は増えるだろう。そうなると、野手は攻撃時には走力がある選手、守備時には守備がうまい、肩が強い選手に対する起用のウエートが上がってくるよね」

 一方、パ球団の投手コーチは「投手は商売上がったりになりかねない」と語る。

「これまで本塁突入が微妙だと判断してストップをかけていたものがゴーとなる。試合の中で、そういうケースは何度かあるだろうから、バッテリーは得点圏に走者がいれば、警戒したり、得点圏でポップフライで打ち取りたいと考えたりして、これまでよりプレッシャーがかかる。失点は増えるだろう。投手の防御率は『1点』とまではいわないにしても、『0.5点』は変わってくるかもしれない」

 来季は、投手を含めた守備力の優劣がペナントの行方を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る