NFL看板QBには厳罰 日本プロ野球からはなぜ“不正”消えない

公開日:  更新日:

 米プロフットボール、NFLのスーパースターに厳罰が下った。

 NFLは11日(日本時間12日)、今年2月のスーパーボウルを制したペイトリオッツのQBトム・ブレイディ(37)に、9月の来季開幕から4試合の出場停止処分を科したと発表した。

 ペイトリオッツは1月のAFC(アメリカン・カンファレンス)決勝で、規定より空気圧の低いボールを使った疑いがもたれていて、ブレイディは不正を知っていた可能性が高いという。決勝は雨中行われ、空気圧の低いボールは悪天候の試合で捕球しやすいといわれる。

 NFLはチームに対して100万ドル(約1億2000万円)の罰金を科したうえ、来年のドラフト1巡目指名権と再来年の4巡目指名権を剥奪した。

 アメフト界の全米ナンバーワンチームと、そこのMVPが厳罰を食らった衝撃の大きさはもちろん、注目すべきは不正は絶対に許さないというNFLのスタンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る