• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季から新ルール 「ブロック禁止」でプロ野球はどう変わる?

「野球が大きく変わる」

 各球団の首脳陣が口々にこう言っている。

 プロ野球は来季から野球規則が改正され、本塁上のクロスプレーについて新ルールが適用される。

 捕手がベース上で走者をブロックすること、走者が捕手へ危険なタックル、スライディングをすることが禁止されるのだ。

 クロスプレーによるケガの防止を考慮された新ルールはメジャーでは昨季から導入されており、開催中の「プレミア12」でも適用中だ。

 秋季キャンプ中の12球団も対応に追われている。野手は本塁への走塁練習、捕手はタッチプレーの練習に時間を割いている。

 なかでも阪神は、紅白戦で一、三塁の場面から二盗を仕掛けたスキに三走が本盗を試みて成功させるなど、金本新監督が走塁意識の向上を求めている。捕手の梅野は別日の紅白戦を終え「ブロック禁止はかなり影響がある。ほとんどセーフになってしまう」と、不利な状況を嘆いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事