MLBが球団拡張 日本球界“マイナーリーグ化”拍車に懸念の声

公開日: 更新日:

 いよいよ、猫も杓子も海を渡る時代の到来か。MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーが14日(日本時間15日)、オールスターの行われたシンシナティで全米野球記者協会の会合に出席、将来的に現在の30チームから球団数を拡張することを示唆した。

「大リーグは成長産業であり、成長産業は長期的に拡大を目指すもの。リーグ拡張が可能な時期が来るという考えは受け入れられる」とは同コミッショナーだ。

 球団拡張の具体的な時期は明らかにしなかったものの、複数の米メディアによれば、すでにカナダのモントリオールやメキシコのメキシコシティーなど複数の都市が候補に挙がっているという。

 MLBの球団拡張は、デビルレイズ(現レイズ)、ダイヤモンドバックスが加わった98年が最後。当時はチーム数が増えたことで、選手の絶対数が不足した。特に投手不足は深刻で、本来ならメジャーのマウンドに上がるレベルにないロートルや若手を起用せざるを得ない状況だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る