• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテFA今江と初交渉 楽天「高年俸選手」獲得に動く思惑

 17日に行われたロッテ今江(32)と楽天のFA交渉。阪神も今江に興味を持っていると報道されたが、楽天の星野球団副会長の出馬でその可能性はゼロに等しい。いまだ阪神に強い影響力を持つ星野副会長だけに、根回しは済んでいるに違いない。

「自分を必要としてくれることがうれしい。前向きに考える」

 交渉後の本人がこう語ったように、楽天入りは決まったも同然だ。

 今江が本職とする三塁は、今季開幕当初は銀次が、その銀次が故障してからはウィーラーが守っていたポジション。シーズン後半のように一塁を銀次に任せれば、残留濃厚のウィーラーはDHに回せる。今江は今季、2億円という高額年俸に反し、打率・287、1本塁打、38打点。はたして内野手をシャッフルした上で大金を払う価値があるのかどうか。

 楽天OBは、「球団にとってはFA選手を獲得するという事実が大事なのでは」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る