• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテFA今江と初交渉 楽天「高年俸選手」獲得に動く思惑

 17日に行われたロッテ今江(32)と楽天のFA交渉。阪神も今江に興味を持っていると報道されたが、楽天の星野球団副会長の出馬でその可能性はゼロに等しい。いまだ阪神に強い影響力を持つ星野副会長だけに、根回しは済んでいるに違いない。

「自分を必要としてくれることがうれしい。前向きに考える」

 交渉後の本人がこう語ったように、楽天入りは決まったも同然だ。

 今江が本職とする三塁は、今季開幕当初は銀次が、その銀次が故障してからはウィーラーが守っていたポジション。シーズン後半のように一塁を銀次に任せれば、残留濃厚のウィーラーはDHに回せる。今江は今季、2億円という高額年俸に反し、打率・287、1本塁打、38打点。はたして内野手をシャッフルした上で大金を払う価値があるのかどうか。

 楽天OBは、「球団にとってはFA選手を獲得するという事実が大事なのでは」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事