橋本清
著者のコラム一覧
橋本清野球評論家

1969年5月22日、大阪府摂津市生まれ。PL学園から87年のドラフト1位で巨人に入団。高校3年時には立浪、片岡らとともに甲子園で春夏連覇を達成。巨人では主にセットアッパーとして活躍。93、94年には2年連続で52試合に登板し、当時の長嶋監督が命名した「勝利の方程式」の一翼を担った。01年にダイエーに移籍し、同年に現役を引退。プロ14年で通算134試合に登板して9勝12敗8セーブ。各球団に幅広い人脈を誇る。

楽天・嶋 「移籍の迷い」を断ち切った星野副会長からの電話

公開日:  更新日:

コラム【橋本清の取りたて直送便 “本音を聞きたい”】

 先月30日、本拠地のコボスタ宮城で会見した嶋は、「来年も楽天でやらせていただくと伝えました」と表明しました。

 国内FA権を取得した昨年から、新聞などで移籍の可能性が取り沙汰されており、昨オフは「悩めるだけ悩みたい」と熟慮したうえで、権利を行使せずに残留。それだけに、今年はスンナリ決断した印象があります。

 先の会見で「星野さんが副会長に就任され、梨田監督が来られ、もう一度新しい環境でプレーしたいと思った」と決断の理由を語っていた嶋。やはり、シニアアドバイザーから球団の取締役副会長に就いた星野仙一元監督の存在が大きいのか。

 改めて本人に聞くと、「それは、やっぱり大きいですよ。実は……」とこんな舞台裏を教えてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る