松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

プレミア12 優勝していたら想像するだにさぶイボが立つ

公開日: 更新日:

 プレミア12の結論。負けてよかったのだ。あらゆる条件がこれだけ日本チームに味方しても優勝できず。3位決定戦でメキシコにコールド勝ちしたといっても、相手は(言っちゃ悪いが)はるばる太平洋をエコノミー席に詰め込まれて渡ってきた三流どころばかり、半分素人寄せ集めチームが日本のプロ野球タイトルホルダーばかりのオールスターに勝てる道理はねえや。本塁打をいくらぶち込もうと、準決勝の腹いせに過ぎん。

 大谷翔平以外の代表選手はみな、いざという時に醜態をさらした凡庸で未完成なおのれを思い知ってシーズンオフを迎えたのだ。めでたいことじゃねえか。

 これが……もし優勝でもしててみな。想像するだにさぶイボが立つ。

 小久保は若き侍ジャパンを御した名将と持ち上げられ、中が空洞だと分からぬままどんどん鼻が高くなって、侍を育てていると錯覚し、次のWBCへ向けて砂の上とも知らずに壮大な構想をぶち上げて、来シーズンも各チームをそこどけそこどけ名将のお通りだ、と肩そびやかしてご視察めされて、大谷翔平の才能をすり減らすスリコギ野郎と化そう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る