• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

行司に進退伺を出させるのは酷じゃないのか?

 第40代式守伊之助が先場所以来、3度目の「軍配差し違え」で、北の海理事長に進退伺を申し出て、謹慎3日間を言い渡された。立行司は差し違えたら切腹の覚悟で土俵に臨むから脇差しを差している、なんていう屁理屈がまことしやかに取りざたされる封建社会だ。

「進退伺」というのをぶっ砕いて解釈するに、

「自分じゃ判断できないぐらいバカですので、私のこれから先、どういたしましょうか?」

 ということ。な~んだこの後ろ向きな因習は!

 小田原攻めに遅参した伊達政宗が太閤秀吉の前に死に装束でそっ首を差し出した故事そのまま。

「ういやつよ政宗、覚悟やあっぱれ、許してつかわす」

「ははああああ!」

 とひれ伏して首が繋がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事