松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

プレミア12から漂うどうしようもない脇役感

公開日: 更新日:

 野球プレミア12初戦、日曜日朝。スポーツ各紙の1面は浅田真央だった。年増ねえさんが復帰したフィギュアスケートのほうが1面にふさわしかったのだろう。例外的にスポーツ報知は「いきなり!!激アツ!! 由伸監督」で、6時間の熱血指導が第1面。いたるところに赤文字で「打つべし」を書きなぐった。相も変わらず手前味噌よな(デイリースポーツの1面は「金本監督、横田を金本&掛布化 3割40発5カ年計画」どうぞお好きに)。どの紙面もプレミア12の扱いは2~5面だった。

 当日新聞のテレビ欄に躍った文字。

「いざ!!野球世界一へ!!開幕は因縁の日韓戦!!大谷翔平がマウンドへ 超強力韓国打線と激突 侍ジャパンに大声援を!」

 大谷翔平は「与えられた場を全力で」と言って殊勝だが、だからといって、「筒香がバッターボックスへ!」じゃ視聴率は取れぬ。「秋山世界へ!」じゃ「紅葉狩りの世界へ入りませんか!」の山歩き観光ポスターみたいになる。「かつには山田もおかわりも出る!」じゃ、キャベツおかわり自由のとんかつ屋の品書きみたいになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る